企業法務の仕事

企業法務の仕事と聞いて、すぐに仕事の内容をイメージするのは難しいかもしれません。
企業法務の仕事は一言で説明できるほど単純ではありませんし、業務内容もその業態によって違います。
その仕事は専門性が高く、スキルも必要とされます。
企業法務の仕事は、企業の企業活動に関して生じる法律に関すること全般。
例えば企業が契約を締結したときに契約書をチェックすること、契約することで独占禁止法など他の法律に抵触しないか検討すること、紛争が発生するような内容になっていないか確認すること、これら全て企業法務の仕事です。

実際にクレームや法的トラブルが発生した場合の対応も企業法務がおこないます。
加えて企業は必ず取引している会社があります。
取引先の倒産などの問題が起きたときも企業法務が対応します。
外部だけでなく会社内部も法律に従って動きます。
労働法に基づいて、使用者と従業員との間の労災問題を解決する仕事も企業法務の一環。
企業は近年コンプライアンスに関する姿勢が問われています。
こういったコンプライアンス教育をおこなうのも企業法務の仕事の一側面なのです。

さらに企業法務には戦略的な仕事もあります。
企業の意思決定にかかわる買収や合併に関する処理も企業法務の仕事です。
逆に会社が上手く行かないときには事業再生などの仕事をおこなうこともあります。
企業法務は表立って目立たなくとも企業の経営にかかわる意思決定機関のひとつとして大きく活躍しています



[PICK UP]
年額4万円から契約できる、顧問弁護士の費用を抑えたサービスを提供している法律事務所です ・・・ 顧問弁護士の費用